アンチエイジング効果抜群!薬膳パワーの秘密

MENU

中医学

中医学とは、中国の四千年という長い歴史の中で培われたに薬学、中医薬学の理論、臨床経験を基にした伝統医学、中国漢方の事を指します。

中医学の歴史

中医学の起源はおよそ4000年前。広大な大陸で、異なる環境と長い期間にわたる経験をもとに発案されたものです。前漢の時代(紀元前200年頃)には医学書としてまとめられました。この書が中医学の基礎です。
中国から日本へ伝統医学が伝来したのは、中国の隋、唐の時代(7世紀頃)です。
中医学とともに漢方も日本に伝わるとそれ以後独自の発達を遂げました。

薬膳とは

薬膳とは中医学の理論に基づき、食物がもつ薬理作用を組み合わせることで出来た食事です。
薬膳は四季おりおりの種類があり、春夏には体を涼しくし、水とよぶ体液を補うことで、気力を高めます。秋冬には体を温めることで気や血の流れを良くし、バランスのとれた体の状態を保つことが出来ます。

おススメ薬膳

私がおススメするお手軽な薬膳をいくつかご紹介しますので、気になる症状がある方は試してください。
・アンチエイジングに効く薬膳
「胡桃肉」とはクルミのことで、たんぱく質、ビタミンを豊富に含んでいます。身体を温める作用を持っていると言われています。田食べ方は色々ですが、ニンニクと組み合わせることで冬に身体を暖める作用があります。アンチエイジングにはピッタリの料理です。

 

・心を落ち着かせてくれる薬膳
百合根は滋養強壮、心が落ち着かない時や、風邪、熱の病気に効くと言われリラックス効果があります。海老の炒め物やサラダにして食べると効果が期待できます。

 

・冷え性に効く薬膳
八角には冷え性、特に腹が冷えて痛くなる方によく作用しますので女性におススメです。また、イライラや食欲不振を除去します。鶏肉自体にも身体を温める作用とコラーゲンが含まれていますのでエイジングケアには効果的です。肌のハリ、シワ、シミ、ニキビ、加齢によるタルミ、スキンケアが気になる方におススメです。

最後に

中国4000年の知恵の歴史の中医学由来の薬膳。その効能は様々ありますので、その効能をよく調べてアナタが必要とする薬膳を選びましょう。