エストロゲンとアンチエイジング

MENU

女性としていつまでも美しくキレイでいたい・・・というのは誰しもが願う事。
それには体内の環境にも気を配りたいところです。その中でもカギとも言えるのが女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」。これの分泌量如何によりいつまでも若々しくいられるどころか、病気のリスクもないというアンチエイジングケアや健康対策として見逃せない成分なのです。
このような重要な成分であるにも関わらず、エストロゲンは女性が一生に分泌する量はスプーン一杯程度だとも言われています。
そんな希少な「エストロゲン」について見て見たいと思います。

エストロゲンとは

エストロゲンは女性ホルモンのひとつで、「卵胞ホルモン」とも呼ばれます。
脳からの指令で分泌されるもので女性としての体づくりと妊娠など性生活にも密接な係わり合いがあるホルモンなのです。
20代から30代あたりまでは多く分泌されますが、40代以降加齢と共に急速に分泌量が減少していわゆる「更年期障害」を引き起こします。
さらにエストロゲンの減少は動脈硬化の原因になるなど、体の老化に伴う病気のリスクを高めるものと言われています。

エストロゲンと美容

エストロゲンは別名「美肌ホルモン」といわれるほど日頃のスキンケアに欠かせない成分でもあります。
エストロゲンが多く分泌されると新陳代謝が活発化され、皮膚のターンオーバーが促され、肌の潤いやハリが取り戻されると言われています。
それにより角質も常に新しいものに置き換わり、クスミやシワ、ニキビなども出来にくくなると言われています。

エストロゲンとコラーゲン

エストロゲンは実にコラーゲンとも密接に結びついています。
エストロゲンが減少するとコラーゲンの分泌も減っていくと言われています。
これにより、真皮層の潤いもどんどん減っていきます。
従って、コラーゲンは化粧水や美容液、クリームなどでいつも通りに補う必要があり、エストロゲンも何らかの形で補わないといけません。
その代名詞的な存在が「イソフラボン」。イソフラボンはエストロゲンと大変よく似た働きをするものとも言われています。
これらは大豆製品で手軽に摂れるものとして今注目を集めています。なので食事で手軽に大豆製品を取り入れたいものです。

 

是非賢く摂って減っていくエストロゲンをカバーしたいですね。